留年丸の退学日和

備忘録みたいなつらつら

カクヨムの秀作名作(上から目線)

好きなやつです。異世界おれつえーみたいなのはないです。あんまりないです(多分)。おそらく追加されることもないです(予防線)。転生で唯一好きなのは「幼女戦記」と「無職転生」(2作挙げているのが爆笑ポイント)ですがカクヨム作品ではありませんからここには書きません。そういうやつでオススメあったら教えてください。

 

・キャスカル(大澤めぐみ)

https://kakuyomu.jp/works/1177354054883068777

六度の大戦を経て、航空機が飛躍的な進化を遂げた世界。そこではドッグファイトを中心に戦争が行われています。激化する戦争の中、「キャスカル」と呼ばれる対G性能やら空間把握能力やらに優れた女の子たちがパイロットとして挑発され、空へ上がるというお話です。はっきり言って軍記物としては微妙。しかし人間ドラマの描写は非常に繊細で、心を打つものがあります。少女たちの葛藤を戦争の中で描き出す、というのがメインでありましょうから、手に汗握るドッグファイト描写を期待して読むのは間違いなのでしょう。実際に読めばそれが間違いであることは否応にもわからされますが。

この大澤めぐみさんは他にも多くの作品を投稿されておりまして、特に女子高生を主人公とした一人称小説を得意とされるようです。なろうで言えば「JKハル」に近いと言えるかもしれません。「ジェシカエンジン」「おにぎりスタッバー」なんかが面白かったですし、ぼくは「中年おじさんの作り方」や「いきなりラスダン!?」がお気に入りです。独特の文体が人を選ぶかもしれませんが、ぜひ一度読んでみてはいかがでしょうか。

 

・The video game with no name(赤野工作) 

https://kakuyomu.jp/works/1177354054880928816

時は2115年、死を間近に控えたゲームオタクが綴るブログという体裁の、一風変わった作品です。レトロゲームと言っても現代(2010年代ね)のゲームはもはや学問の領域であり、2040年以降、我々からすれば未来の、彼からすれば若かりし頃の思い出たるゲームをレビューするわけですね。様々な失敗作が掘り出され、その背景を紐解いていくわけですが、「本当にできるかもしれない」と思わせるものもあり、実際に起こりそうな事例もあり、で唸るばかりです。オチの付け方も秀逸で、カクヨムのシステムにすぎない「連載中」の文字さえも作品の一環なのではないかと思わせる、圧巻の作品であります。well played.

 

・放課後のスープ(長月マシ)

https://kakuyomu.jp/works/1177354054882848340

童貞野郎(暴言)とドS女王様が織り成す謎解きミステリ…の体をなしてはいますがまあこれは恋愛小説でしょう(褒めてます)。

「海亀のスープ」で遊びながら、退屈な業務をこなすふたり。(海亀のスープ自体がわからない人はぐーぐるで検索してください) だんだん進展する二人の甘酸っぱい恋愛に悶えること間違いなしです。

これを書いてる時に気づきましたが、この「掛け合いを楽しむ」という感覚は「狼と香辛料」に近いかもしれません。好きになるわけです。レトリックと言葉遊びを駆使した会話、知的でいいですね。

 

・魔王さま、勇者に婿入りなさるのですか!?(@nana777)

https://kakuyomu.jp/works/1177354054880773436

元田舎娘の元勇者、現田舎娘が豚の世話をしながら魔王と暮らすのんびりラブコメです。どんくさ…おっとりした勇者の一人称で進みますから、緊迫した状況でもなんとも気の抜けたふうにすすんでゆきます。先の大澤めぐみさんの言葉を借りれば、「空気感というのは直接に書いてみせてもダメでふんわりと立ち昇ってくる類のものだからディティールにこそ宿る」わけでありまして、その点で言えばこの作品は特に牧歌的といいますかとにかく肩肘張らずに読めるもので、読み終わったあとはあったけぇ……ってなりますね。オススメです。

 

スーパーカブ(トネ コーケン)

https://kakuyomu.jp/works/1177354054880317669

カブ乗りてえ以外の感情を失った。

スマートマシン導入推進に関しての論述

日本の長期停滞が世界的に注目される中で、労働力人口の半分近くはいずれ自動化可能という状況にある。「ロボット革命」にどのように対応していくかが日本経済の命運を分けることになろう。

<M・オズボーン、C・フレイ、「人工知能は職を奪うか(上)」日本経済新聞、2016年1月12日>

 

「労働を資本で代替する」ことについて

ぬる

 

「スマートマシン」の導入によるメリット

"自動化技術が日本の労働力人口に及ぼす影響はさらに大きいだろう。ただし日本の問題点は、省力化技術への投資が少なすぎることであり、多すぎることではなかった。自動化は日本の労働力不足を解消し、長期停滞からの脱出にも貢献すると考えられる。"

"長期停滞の背景にある日本経済が抱える問題の大半は構造的なものだ。……生産的な労働者の数が減れば、それを埋め合わせる生産性の急上昇がない限り、経済成長の鈍化は避けられない。"

"ロボット技術は、労働力不足などの社会的課題を解決するとともに、製造、医療、介護から農業、建設、インフラ保守まで多様な部門で生産性を向上させる可能性を秘めている。"

 

「起業に有利な改革を実行することが欠かせない」理由

"特に注目すべきは、95年以降の米国ではICTの製造部門だけでなく、ICTを活用する部門でも全生産要素の伸びが加速したことだ……日本は新技術への適応で米国に大きく遅れを取った。……日本では起業家精神が旺盛でないことだ。若い企業ほど積極的にICTに投資する傾向があるが、日本では企業の新規参入・退出率が低い。"

"銀行は「ゾンビ企業」……への金融支援を続け、……生産性の低下と新技術への投資不足を招いた。"

進捗と各タイトルの時間(あるいは逃避)

英語

マーク式はコンスタントに8割強を取れるようになってきた。文法がガバガバなので常に20点台/44になるのがネック、長文に関しては不安なし。8分残しだが見直し時間は厳しいので10分は残したい、削れるのはおそらく広告とディスカッション。

参考書は成川の英文法を詰める。

私大は時間を気にしなければ比較的安定してボーダーぎりぎり。スピードは直前まで伸びるらしいので予備校の甘言に乗せられておく。

 

国語

ここにきて現代文の得点力が落ちてきた。センスプレイヤー(?)で10年やってきたのが響いて論理的に解答が出せないため。要補強。

古文、漢文はかなり伸びた。細かい文法事項には不安が残るが概ね合格者平均を取れている。あとは背景知識と、漢文の書き下し全文程度。

 

社会

これも比較的伸びてはきたがまだ及第点にはならない。同時代史や西/東南アジア・ラテンアメリカ史などマイナー地域にミスが多発、戦後史もかなりケアレスミスが目立つ。体系世界史を3題/日だが解答を覚えてきてしまったので変えた方がいいかもしれない。論述に関しては妄想妹メソッドでかなり取れるようになったが、年号や広範世界になると弱い。

 

 

夏休みはドラクエ60時間、PUBGは5月末に購入して86時間。LoLはWCS全試合視聴、プレイは年間通して30試合程度。センター終わったらモンハンやりたい

FGO7章 絶対魔獣戦線メソポタミア

実装から20時間弱でクリアしました。f:id:impoman1more:20161211213123p:plain

雑感をつらつらと。ネタバレ全開だからまだの人は右上の×ボタンでも押しておいてくれ。

竹箒の通り王道でしたね。魔獣やっつけたぜ!→実は裏ボスがいたぜ!みたいな。ラフムのグロさで吐きそうでした。完全に見た目BETAだし無辜の市民は取り込まれるしでもうね……あのシドゥリさんまでラフムになっちゃったっていうのが最高につらい。しかもあの姿になっても自我を保ってるっていうのがね、もう涙なしにはって。

今回メインヒロイン力高いなって思ったのはケツァルコアトルさん。力尽きたあとにぐだ子の顔思い浮かべて立ち上がるとかやばいでしょ……激アツかよ……ってTwitterで実況しながら攻略していた。ガチャからは出ないけどな!

もうちょっと敵は強くてもよかったかなって思います。ギフトある分敵の強さは断然6章のがきついなー 7章はボスよりラフムの方がきついぐらいの有様だったし。ラストのラッシュもバフ盛り盛りだから耐久面の余裕が出すぎて作業だったのが盛り上がりに欠けた感。面白かったけどね。

以上雑感でした。

f:id:impoman1more:20161129164053p:imagef:id:impoman1more:20161129164056p:imagef:id:impoman1more:20161129164100p:image

アアアアアアアアアアアアアクソ塩川アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア

某ネトゲでの崩壊録 終

けして甘く見ていたわけではない。だが、ここまでは彼女の抱える闇のほんの序章にすぎないのだということを、私は露も知らずにいたのだ。

きっかけはSkypeで繋がっている数人でのオフ会だったようだ。伝聞調なのは、私自身はそこに参加していないからである。彼女に靡かなかった人間を除いてSkypeでの派閥を形成したマンコは、おそらくこの頃から股を開き始めていたはずだ。一人また一人と蜘蛛の網に絡め取られていくギルドメンバーたち。その糸に仕込まれた毒が全身に回り、我々はついにその咎を受けることになる。

 

マンコが共有倉庫のアイテムを全て持ち逃げし、ギルドを解散したのだ。

 

後から聞いた話によれば、彼らが穴兄弟となったことが発覚した瞬間に嫉妬や憎悪やその他諸々の醜い感情を爆発させた男どもが争いあい、生理中で気分の優れなかったマンコは耳を塞ぐようにギルドを解散したらしい。意味わかんねえ。

とにかくその時私に起きた出来事は、「ログインしたらギルドがなくなっていた」の1点のみであった。

 

かくして私が青春を捧げて育てたギルドは塵と化し、メンバーは散り散りになった。せめて最期を見たかった、というのが正直な感想ではあるが、口惜しく思う気持ちでいっぱいである。

そしてそのゲームが今年の末にサービス終了することを知った。世の流れとは非常なものである。

諸兄におかれては、

1.男性向けコンテンツのコミュニティにマンコを軽率に入れないこと

2.貢ぎを始めるチンポがいればすぐに注意、最悪脱退させること

この2点には十分留意した上で、楽しいオンライン生活を送っていただきたい所存である。

願わくはこの経験が、誰かのコミュニティを守らんことを。

某ネトゲでの崩壊録 3

マンコが加入してからというもの、我々の関係は日増しにおかしくなるばかりだった。決定的だったのは、「貢ぎ」である。

我々のプレイしていたゲームにおいて、敵の攻撃は苛烈かつ即死攻撃などもある中、僧侶の使用する「蘇生魔法」は非常に確率の低いものであった。当然、蘇生確率を上昇させるレア装備はかなり高額で、リアルマネーで約5万円をゲーム内通貨に変換してやっと買えるかどうか、という相場が普通だったのだが、その装備をあろうことか、Aがボーナスを課金してマンコにプレゼントしたのである。

これに味をしめたマンコは、クレクレ行為を頻発するようになる。その範囲は多岐にわたり、装備や消耗アイテムからお使いクエストの代行まで頼むようになっていった。それに乗せられる哀れな子羊たち。正気を保っていたのは、過去にマンコクライシス (膣によってコミュニティを破壊されること) を経験済みのギルドマスターであったOと、同じくマンコクライシスの被害者M、それと私だけだった。

しかし、ゲーム内で正気を保っていたところで現実の波には勝てない。半年前に無職となり失業保険でネトゲ三昧であったOは、この頃からハロワ通いと資格取得に精を出すようになり、ギルドマスターの座を渡すことを決心。

ネトゲにおいてギルドマスターとはその名の通り「マスター」である。共有倉庫の管理や戦利品の分配は常務であり、今日の狩りの行き先までマスターの一存で決定することがあるのだ。

当然揉める。なんだかんだゴタゴタしていたが、結局Aがギルドマスターの座を引き継ぐことになった。今思えば、ここで猛反対できなかったのが私の最大の過ちであろう。

それからというもの、マンコの求心力とでもいうべきものは日増しに高まっていった。言いもしないのに貢がれるレア装備や強化素材にゲーム内通貨の数々、「〜行きたいですぅ」といえば即フルパーティが組めるようになり、収集クエストのクリアに必要なドロップアイテムは優先的にマンコに行き渡るようになった。 

そして迎える、マンコの誕生日。数週間前から誕生日アピールを欠かさなかったマンコの元に、普段より数段高価なプレゼントが届く日である。Nくんは超低確率で現れるレアモンスターから超低確率でドロップする超のつく額のペットを、Yくんは課金ガチャを回して全身分を揃えた華美なドレスのアバター↓を、f:id:impoman1more:20161016215155p:image

そしてAはなんと、

 

 

 

 

 

 

 

ギルドマスターの座を。

 

 

 

 

 

 

かくしてギルドトップに君臨したマンコは、その権勢を欲しいままにし、毒牙を現実世界へと延ばしていくことになる。

 

 

 

こんなに長くなるとは。余裕で1記事に収まるレベルだと思ってたんですけど、どうも筆が乗ってしまって冗長ですね。

続きます。