留年丸の退学日和

中卒です。備忘録みたいなつらつら

エロゲーにおけるE-mote導入について

ラブリケやアマカノなど、E-moteを導入したエロゲが増えたのは新しい話ではない。が、これが定着するかどうかはかなり微妙なラインだろう。少しだけ考えたことを書き連ねようと思う。

エロゲは「紙芝居」から進化しえない

いわゆるテキストアドベンチャーの始まりは「Colossal Cave Adventure」である。文字のみで構成されたこの分野は、瞬く間に世界に広まった。文字を読める人なら誰でも遊べ、かつマシンスペックを要求しない、シンプルなゲームスタイルは、90年代後期に黄金期を迎えた。YU-NO、ナイトゥルース、Ever17……これらは多くの方がご存知だろうから、歴史を語るのはよすことにする。
新しい形のゲームは、その価値の多くを文字に依存していた。つまりその発展は、文字情報にする形でしか為され得なかったのである。立ち絵、イベントCG、キャラクターの音声、これらは全てテキストから想起される情景を補完するものにすぎない。最終的なイメージを形成するのはあくまでプレイヤーであり、そこには個々人の「妄想」の余地が介在するということだ。

動作の補完ということ

情景の想起というのは、多くの場合個人差の激しいものだ。例えば、「妖艶なブロンドの女性が、降り積もる雪の中、森の手前で立ち止まりこちらを手招きしている」情景を想像するとき、そこには「女性の顔立ちや髪の長さ、服装」「木々の種類」「雪の厚み」など、大多数のプレイヤーの想起を完全に一致させるには足りない情報がある。こうした情報を補完するのが挿絵であり、立ち絵であり、またCGである。こうしたプレイヤーごとのブレを減らす作用を、「イメージの固定化」と呼ぶことにする。
翻って動作の面ではどうだろうか。「手招き」という動作に対し、手を頭上に高く掲げた女性を想起する人は少ないだろう。挑発のように掌を上にしていることを想起する人も少ないに違いない。動きに対しては、雪の厚みや木々の種類に関わらず、多くの人が同じものを想像できるということである。これらに「イメージの固定化」が必要だろうか?
E-moteの導入にあたって、こうした問題がある。まばたきや口の動きといった動作を立ち絵に行わせるこの機能は、まさしく動作に対する「イメージの固定化」だろう。だが、我々プレイヤーにとって、それは視覚化されなくとも共有できるものだ。ヒロインが笑顔で話しかける姿を想起するとき、まさか腹話術のように口を動かさず話すヒロインを思うプレイヤーはいないだろう。通常の会話においていちいち情景など思い浮かべないだろうが、それでもこうした細やかな動作を絵にしてしまうことは、肝心の文字情報に集中できないなどの問題を引き起こす。
そしてなによりの欠陥は、画面下部に表示されるテキストを読む際、立ち絵の表情の動きなどぼんやりとしか認識出来ないことである!それ単体で眺めるならばまだしも、文字以外の要素が付帯にすぎないジャンルにおいて、これはまったく無意味としか言いようがない。

コストの逼迫

E-moteシステムは、有限会社エムツーの開発したLive2dを用いる技術である。つまりこの利用にはライセンス料が発生するということだ。資金難の叫ばれる昨今のエロゲ業界において、開発コストの高騰は無視できないだろう。「電撃FC」のようなジャンル違いのものはいざ知らず、先に述べたようにデメリットの目立つジャンルに導入することは、先細りを加速させる結果になりかねない。「E-moteは当たり前」という認識が広まってしまえば、制作側にもプレイヤー側にも喜ばしい結果にはならないことだろうから。

「インターネットの総意」の話

 人生の大半をネットに触れて育った世代にしかわからない価値観、空気感、そうしたものがあると私は信じる。生まれた時からPCがあり、チャットがあり、回線とスペックに苦しみながらゲームをやった世代である。在りし日のピンボールから始まり、Ultima OnlineやEver Quest (もう少し早ければDiabloかもしれない) に触れ、WinMXで釣りや詐欺を学んだのもはるか昔の話となってしまったが、そうした世代が30代40代になり子を持って、さらにインターネットが身近になった世代が現代を跳梁跋扈 (たぶん誤用) している。

 こうして現実にインターネットが介在する状況を当たり前として育った世代にとって、インターネットの向こう側さえ現実であるのは当然である。インターネットを現実であると認識できない世代、あるいは子世代においてもそうした認識が持てないままでいる人々は、読書と同じ感覚でインターネットを使ってしまう。つまり、伸びているツイートに、自分は○○と考える、あるいは自分は○○を経験したから全人類はこうすべきだ、というリプをつけてしまう。いわゆる自分語りというやつであり、あるいは無知な民衆を啓蒙してやろうという傲慢さゆえの行為である。掲示板であれば自浄作用が働くが、元が短文形式のブログであるがために、Twitterではそれが効果的でありづらい。

 かくして形成される、画面の向こうに現実を想像できない、自分が絶対正義であると信じてやまない「正義」は、その見たいものだけを信じるという傾向により、思考を濃縮させていく。彼の信ずる正義によって、「かわいい動物動画まとめ♡」以外の全てのアカウントはレッテルを貼られ、味方でなければ敵とされる。真に愛国的であるのは我々であり、政府の情報操作/マスコミの偏向に騙される右翼/左翼は阿呆であり、敵は教育の失敗たるネトウヨ/在日工作員であり、云々云々……

 だが、そんなものは存在しない。マスがすべてあった時代は終わりを告げたというのに、いまだ「私たち」と「その他全て」でしか世界を分割できない人間には絶対に理解できない構造がそこにあるからだ。総意は存在しない、ただ個人があるだけだ。それを解さない人間はインターネットを使うべきでない。

All Star 2017を見ている話

 世界各Regionごとにファン投票で選抜されたプレイヤー5名で結成するドリームチーム同士が戦うAll Star戦。めちゃくちゃ面白い。

 朝8時から放送が始まるから、10分前には起きてTwitchをつける。コーヒーを淹れつつ試合開始を待つ。

 

 パッチが当たったとはいえ、プレシーズンだからバランス調整はかなり荒い。botではJhinやMiss Fortune、Xerathが石を投げあう。Xerathはmidでも石を投げてる。topは相変わらずプロレスさながらの殴り合いかと思いきや、GnarやJayceが多い。jgはKha'Zix以外みんなtank championだ。Sejuani、Jarvan ⅣあたりがGod Tearっぽい。

 プレイヤーも各レーンのトッププロが集まるから、名前を知ってることが多くて楽しい。魔王Faker、伝説のMejai Eliseで知られるLevi、名サポートと名高いMeikoや、みんなのアイドルSneaky、Eyes&Revolを、いや視聴者すべてをスーパープレイに熱狂させたPrayやHauntzerなど、書き連ねればキリがない。

 5v5が終われば次は選抜プレイヤーの1v1だ。個人技に長けたmidやADCプレイヤーが選出されることが多い。中国を代表するUziや、NAの王者Bjergsen、Worldsでのあのシーンでファンを増やしたであろうReckles……彼らがHowling Abyssで繰り広げるガチンコ勝負は、手に汗握るものばかりだ。

 

 今日もこうして2時まで試合を見てしまった。まだ起きてから何もしていないうえに、こうしてエントリの執筆にかまけている。「LoLはそこそこ面白いゲームだ」とはImaqtpieの言だが、実際にプレイしていない時でさえ私の時間をこれほど奪っていくゲームがつまらなくあってはたまらない。LoLは麻薬である。

 いよいよ明日が決勝戦だ。平日だから〜とか言ってる場合ではない。有給を取れ、自主休講を作れ、そしてPCを起動しTwitchを開け。つまらない日常を捨てて、熱狂のSummoner's Riftに飛び込むのだ。

またウンコの話

 腹が痛い。

 夜中に腹痛で叩き起こされてから一向に収まらない。

 もう出るウンコもないと思うのだがなぜか出る。いったいこれはどこから生成されたウンコなのか。もしかして私の腸(あるいはそれに類するなにか)はブラックホールなのかもしれない。

 宇宙広しといえど、私の肛門から排出するための物体がそう多くあってもらっては困るのだが、現実とはとかくうまくゆかないものである。

初めてインターネットが役に立った話(あるいは私のウンコの話)

 2週間ぐらい前まで便秘に悩まされていた。基本的にウンコが出るのは週に2回か3回で、そのうえ下痢だった。いままでの人生でずっとそうだったので、他人は毎日健康なうんこが出るものだと知った時には衝撃が走った。「ばななうんち」はレアアイテムではなかったのか。

 Yahooの検索窓に「便秘 治し方」と打ち込む。ソースのかけらもない胡散臭さの塊みたいなサイトがいくつか出てくる。野菜と乳製品を食えと書いてある。なるほど。

 野菜は食っている。毎朝味噌汁を飲むし、晩飯にはサラダをつけている。シーザードレッシングがお気に入りだ。

 つまり私に必要なのは乳製品ということになる。冷蔵庫を漁ると、ヨーグルトがいくつか出てきた。幸い賞味期限は切れていない。食った。

 次の日、うんこは出なかったが、晩飯のあとにヨーグルトを食った。

 次の日もうんこは出なかった。帰りにスーパーで4つパックのヨーグルトを買った。アロエと、フルーツミックスのやつだ。晩飯のあとにアロエの方を食った。

 次の日の夜、うんこが出た。細長くて綺麗なやつだ。一本グソというのはこういうウンコを言うのだろう。晩飯のあとにフルーツミックスのヨーグルトを食った。

 それから私の晩飯にはヨーグルトが追加された。食い忘れるとうんこが出なくなるのですぐわかる。読者諸氏も晩飯のあとにはヨーグルトを食うといい。

 

 ネットなぞクソの塊だが、そんなクソでもたまには役に立つのだ。少なくとも私のクソ事情を改善することができるクソだということは確かである。またひとつ賢くなった。

不幸なすれ違いが面白い話

相撲がどうのこうのしかやらないニュースに対しての反応。

キモオタは「北朝鮮情勢を隠してる!」って言うし、キモ政治マンたちは「アベ隠しだ!」って言ってる。

これめちゃくちゃ面白くないですか?ぼくは面白いです。

世界史が苦しい話

 流れを掴んだところで人名は覚わらない。条約の名前も覚わらない。地名や場所などもってのほかであるし、未だに誰だよそいつはみたいなのがたくさんいる。いい加減にしてほしい。

 つまるところ私はフィクションに出てきた人名しか覚えられないのである。みんな大好きcivilizationからはかの有名なエカチェリーナ2世なんかが覚えられる上に啓蒙専制君主だってのもすっと入ってくる (しかしガンジーが核をぶちかます世界なのであんまりあてにならない) 。幼女戦記ならアンソニー・イーデン外相、アイゼンハワー、エルヴィン・ロンメルあたりだろう。Battlefield1ならそれこそアラビアのロレンスであるし、キャンペーンモードで勢力図も見せてくれた。

 だがそれだけだ。結局局所的なオタク知識ではとうてい受験世界史に太刀打ちできない。Nerd的知識と歴オタ的知識は両方役に立たなくてうまくかかっているねワハハなどと言っている場合ではない。教科書に記載される情報がすべてである受験において、こんなものはなんの役にも立ちはしないのだ。

 

 苦しきかな、苦しきかな。