留年丸の退学日和

備忘録みたいなつらつら

某ネトゲでの崩壊録 3

マンコが加入してからというもの、我々の関係は日増しにおかしくなるばかりだった。決定的だったのは、「貢ぎ」である。

我々のプレイしていたゲームにおいて、敵の攻撃は苛烈かつ即死攻撃などもある中、僧侶の使用する「蘇生魔法」は非常に確率の低いものであった。当然、蘇生確率を上昇させるレア装備はかなり高額で、リアルマネーで約5万円をゲーム内通貨に変換してやっと買えるかどうか、という相場が普通だったのだが、その装備をあろうことか、Aがボーナスを課金してマンコにプレゼントしたのである。

これに味をしめたマンコは、クレクレ行為を頻発するようになる。その範囲は多岐にわたり、装備や消耗アイテムからお使いクエストの代行まで頼むようになっていった。それに乗せられる哀れな子羊たち。正気を保っていたのは、過去にマンコクライシス (膣によってコミュニティを破壊されること) を経験済みのギルドマスターであったOと、同じくマンコクライシスの被害者M、それと私だけだった。

しかし、ゲーム内で正気を保っていたところで現実の波には勝てない。半年前に無職となり失業保険でネトゲ三昧であったOは、この頃からハロワ通いと資格取得に精を出すようになり、ギルドマスターの座を渡すことを決心。

ネトゲにおいてギルドマスターとはその名の通り「マスター」である。共有倉庫の管理や戦利品の分配は常務であり、今日の狩りの行き先までマスターの一存で決定することがあるのだ。

当然揉める。なんだかんだゴタゴタしていたが、結局Aがギルドマスターの座を引き継ぐことになった。今思えば、ここで猛反対できなかったのが私の最大の過ちであろう。

それからというもの、マンコの求心力とでもいうべきものは日増しに高まっていった。言いもしないのに貢がれるレア装備や強化素材にゲーム内通貨の数々、「〜行きたいですぅ」といえば即フルパーティが組めるようになり、収集クエストのクリアに必要なドロップアイテムは優先的にマンコに行き渡るようになった。 

そして迎える、マンコの誕生日。数週間前から誕生日アピールを欠かさなかったマンコの元に、普段より数段高価なプレゼントが届く日である。Nくんは超低確率で現れるレアモンスターから超低確率でドロップする超のつく額のペットを、Yくんは課金ガチャを回して全身分を揃えた華美なドレスのアバター↓を、f:id:impoman1more:20161016215155p:image

そしてAはなんと、

 

 

 

 

 

 

 

ギルドマスターの座を。

 

 

 

 

 

 

かくしてギルドトップに君臨したマンコは、その権勢を欲しいままにし、毒牙を現実世界へと延ばしていくことになる。

 

 

 

こんなに長くなるとは。余裕で1記事に収まるレベルだと思ってたんですけど、どうも筆が乗ってしまって冗長ですね。

続きます。