留年丸の退学日和

中卒です。備忘録みたいなつらつら

カクヨムの秀作名作(上から目線)

好きなやつです。異世界おれつえーみたいなのはないです。あんまりないです(多分)。おそらく追加されることもないです(予防線)。転生で唯一好きなのは「幼女戦記」と「無職転生」(2作挙げているのが爆笑ポイント)ですがカクヨム作品ではありませんからここには書きません。そういうやつでオススメあったら教えてください。

 

・キャスカル(大澤めぐみ)

https://kakuyomu.jp/works/1177354054883068777

六度の大戦を経て、航空機が飛躍的な進化を遂げた世界。そこではドッグファイトを中心に戦争が行われています。激化する戦争の中、「キャスカル」と呼ばれる対G性能やら空間把握能力やらに優れた女の子たちがパイロットとして挑発され、空へ上がるというお話です。はっきり言って軍記物としては微妙。しかし人間ドラマの描写は非常に繊細で、心を打つものがあります。少女たちの葛藤を戦争の中で描き出す、というのがメインでありましょうから、手に汗握るドッグファイト描写を期待して読むのは間違いなのでしょう。実際に読めばそれが間違いであることは否応にもわからされますが。

この大澤めぐみさんは他にも多くの作品を投稿されておりまして、特に女子高生を主人公とした一人称小説を得意とされるようです。なろうで言えば「JKハル」に近いと言えるかもしれません。「ジェシカエンジン」「おにぎりスタッバー」なんかが面白かったですし、ぼくは「中年おじさんの作り方」や「いきなりラスダン!?」がお気に入りです。独特の文体が人を選ぶかもしれませんが、ぜひ一度読んでみてはいかがでしょうか。

 

・The video game with no name(赤野工作) 

https://kakuyomu.jp/works/1177354054880928816

時は2115年、死を間近に控えたゲームオタクが綴るブログという体裁の、一風変わった作品です。レトロゲームと言っても現代(2010年代ね)のゲームはもはや学問の領域であり、2040年以降、我々からすれば未来の、彼からすれば若かりし頃の思い出たるゲームをレビューするわけですね。様々な失敗作が掘り出され、その背景を紐解いていくわけですが、「本当にできるかもしれない」と思わせるものもあり、実際に起こりそうな事例もあり、で唸るばかりです。オチの付け方も秀逸で、カクヨムのシステムにすぎない「連載中」の文字さえも作品の一環なのではないかと思わせる、圧巻の作品であります。well played.

 

・放課後のスープ(長月マシ)

https://kakuyomu.jp/works/1177354054882848340

童貞野郎(暴言)とドS女王様が織り成す謎解きミステリ…の体をなしてはいますがまあこれは恋愛小説でしょう(褒めてます)。

「海亀のスープ」で遊びながら、退屈な業務をこなすふたり。(海亀のスープ自体がわからない人はぐーぐるで検索してください) だんだん進展する二人の甘酸っぱい恋愛に悶えること間違いなしです。

これを書いてる時に気づきましたが、この「掛け合いを楽しむ」という感覚は「狼と香辛料」に近いかもしれません。好きになるわけです。レトリックと言葉遊びを駆使した会話、知的でいいですね。

 

・魔王さま、勇者に婿入りなさるのですか!?(@nana777)

https://kakuyomu.jp/works/1177354054880773436

元田舎娘の元勇者、現田舎娘が豚の世話をしながら魔王と暮らすのんびりラブコメです。どんくさ…おっとりした勇者の一人称で進みますから、緊迫した状況でもなんとも気の抜けたふうにすすんでゆきます。先の大澤めぐみさんの言葉を借りれば、「空気感というのは直接に書いてみせてもダメでふんわりと立ち昇ってくる類のものだからディティールにこそ宿る」わけでありまして、その点で言えばこの作品は特に牧歌的といいますかとにかく肩肘張らずに読めるもので、読み終わったあとはあったけぇ……ってなりますね。オススメです。

 

スーパーカブ(トネ コーケン)

https://kakuyomu.jp/works/1177354054880317669

カブ乗りてえ以外の感情を失った。