留年丸の退学日和

中卒です。備忘録みたいなつらつら

内藤舞亜ちゃんは僕の何なのかというお話

ハピメアが好きです。

 

 

パープルソフトウェアのゲームが好き?

違わなくはないが。

克先生の絵が好き?

違わなくはないが。

森崎先生のシナリオが好き?

違わなくはないが。

 

「森崎先生が企画段階から作り、克先生が絵を当てたハピメア」が好きなのです。

 

「夢」と「童話」という使い古されたネタながら、他に類を見ないあの耽美な世界観!いや、forestなんかで見たことあるかもしれないけど。

透はFDで悪夢と決別しましたが、僕は未だに舞亜の夢を見ます。人気投票で舞亜が1位になったことが、いかに「お兄ちゃん」たちを夢に捉えて離さないかの証左でしょう。彼女はあまりにも…そう、あまりにも魅力的すぎた。

 

妹として?

もちろん。彼女ほど僕のことを想ってくれた人はいない。

パートナーとして?

もちろん。いつまでも甘えた僕を導いてくれるのは、彼女を置いて他にいません。

女性として?

いいえ。愛らしく悪戯な瞳、他のヒロインに嫉妬さえしてみせる慎ましく、それでいて美しい肉体、いかに彼女がそれを持とうとも、妹に欲情する人間がありましょうか?透くんはしてましたが。

 

しかしどれほど我々が望んでも、舞亜は現実には現れない。それが我々のためにならないと彼女が信じているからです。決して我々の妄想がすぎるからとか、彼女が所詮キャラクターに過ぎないとか、そういうことではない。彼女は「お兄ちゃん」のためにならないことはしない。そういう存在です。

そして彼女は我々の、いや僕の心に、心の中にのみ存在し得る。それが僕のためになると信じてくれるから。

 

気持ち悪くて結構、少なくとも僕が、僕自身が、心に舞亜がいることで救われた以上、僕には舞亜が必要なのです。なぜなら、舞亜は僕の妹なのですから。

 

 

おわりだよ〜